一人でこなすのか、司法書士に依頼するのか

個人(会社を立ち上げる人)が行う場合

ここでは、個人で費用の問題を行う場合についてお話しします。まず、印鑑の発注に約3万円、収入印紙に約4万円、会社のルールを認めてもらう時の手数料に約5万円、その際の謄本の手数料に約2000円、など様々なものをまとめると、全部で約27万円ほどになります。印鑑に関してですが、相場は1万5千円から3万円のあいだで問題ありません。よく会社の印鑑に角型のもの(角印)をイメージしますが、最近ではあまり使わないので最初は普通の印鑑で問題ありません。印鑑は会社の名前が決まったらすぐに発注しましょう。
次に、会社のルールを認めてもらい、それを謄本にする作業があります。その際には、約5万2千円ほどかかり、謄本にする際にも、250円×必要なページ分のお金がかかります。このときは、当日にその場で支払いをすることになります。

司法書士に依頼する場合

ここでは司法書士に依頼する場合についてお話しします。司法書士に頼む場合、多くの人が時間がなく、早く会社を設立したいと思っていますし、さらに資本金も少ないことがあるのでできるだけ後払いにできる司法書士に依頼する場合が多いです。
全体の金額としては、約28万円となっていますので、個人で行う場合よりは高くなっています。これには司法書士に支払うお金も含まれていますので、少し高くなってしまいます。司法書士に支払うお金は、4万5千円から5万円ほどになっています。こちらは司法書士さんによっても異なりますので、お調べいただければと思います。
司法書士に依頼するメリットとしては、後払い扱いになるものがあるということです。是非一度検討してみてもいいかもしれませんね。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top